大丈夫?アコースティックエンジニアリング

にほんブログ村 クラシックブログ 打楽器へ

 

ヤフーの知恵袋を参考にしています。

「アコースティックエンジニアリング」の検索結果(Q&A) - Yahoo!知恵袋

 

最新記事は「防音会社と契約するときのご提案?」です。

併せてご覧くださいね!右斜め下のメニューからどうぞ。

 

 

  (自分のお部屋の防音性能を無料で簡単に測る方法が

下の方に書いてあるので、チェックしてください!)

 

 

たくさんの雑誌に広告を打ってる、

アコースティックエンジニアリング社をご存じない方も多いと思います。

 

 ドラムマガジンという雑誌には毎月広告を出してるので

 愛読者は見た事がある名前かもしれませんね。

 

 自宅でドラムが叩ける!というのを謳い文句にしてる様ですが、なかなか自宅でドラムを叩ける環境を作るのは大変です。

 

 この会社で施工を依頼し、大変な目に会ったドラム奏者の方の書き込みが今でもネットに残ってます。

 

 他にもピアニストの方などなども、辛い思いをなさった方々は居ます。

 なぜでしょう?

 

 日本の全ての会社は、防音施工の際、

 日本工業規格(JIS規格です)の基準に基づいて

契約し、施工してくれますが、

 日本で一社だけ、そうでないのがこの会社です。

 

 でも、どういう特殊な基準で防音工事をする事を説明してくれないまま契約を結ばされた方が多いのです。

 

 そして施工が完了し、全額振り込んだ後

 あまり音漏れが酷い防音室である事に気がついたころ、

 この会社は、おもむろに

「当社はJIS規格の遮音性能DではなくD'という

  • 当社独自の遮音規格に基づいて施工したことにご注意ください。」と

後で!報告して来るのです。

 いわゆる「あとの祭り」という奴です。

JIS規格のD(またはDr)とこの会社のD'とは遮音性能に

大きな差があります!(もちろんJISのほうが遮音性能が高いのです)

 注意が必要ですね。

 

******************

 

過去に防音リフォームをした人も

これから予定の人も、自分でおおまかに

ドラムや 打楽器などを演奏する部屋の

実際の防音性能を測ってみるのは大事です!

あくまで目安ですが。

 

(既に防音工事してる方は、自分で測定してみて

「アレ??防音性能がおかしい!!」と思ったら、

 

測定器を貸し出してくれた役所の職員さんに尋ねれば、

もっと精密な測定をできる業者を教えてくれますよ!)

 

 

あなたが、仮に中野区民の場合、

保険所の環境部 生活環境分野 環境公害担当

で騒音計を一週間無料でレンタル出来ます!

(事前に電話予約して、身分証明書を持って行ってください)

通常の環境公害の騒音測定とは違う旨をお話しすれば

職員さんが使い方を教えてくれます。

 

豊島区の場合は区役所の中です。

たいていは区役所の中です。

東京以外の方も、市役所に電話すれば

かならず貸し出ししてくれる課があります。

(※でもなぜか、大阪市には貸出機がないみたいで

堺市にはあります。ご確認ください。)

 

環境とか、環境公害とかの関連の課です。

貸し出し中になってないか、事前電話予約して

住所の記載されてる身分証明書を持って

受け取りに行きます。

 

室内で音の高さ(Hz)ごとに、

スピーカーで大きな音量でならします。

室内で騒音計で測り、100デシベルの大きさまで上げてみます。

(あまりにうるさくて近所迷惑になるなら

80デシベルくらいでも70デシベルでも60でも良いです)

 そしてその音を持続音としてスピーカーから出したまま

部屋の外に出て、また騒音計で、何デシベル漏れてるかを計ります!

 

 室内で70デシベルの音量で、外に50デシベル漏れてるなら

あなたの部屋の遮音性能は大まかにD-20です。

 

このテストは低音から高音まで6つの高さの音で計るのが良いです。そして部屋の東西南北で。

 

6つの高さを全部総合的に

判断して初めて「遮音等級」がわかります。

 

 

デシベルは音の大きさ。Hzは音の高さです!

 

JIS規格では、低音は125Hzから測定するのですが


 

まず500Hzの中音だけでも計るとおおよその目安になります。

 

 

 騒音計がそういう(音の高さの)切り替えスイッチが無い

 

音量だけを計測する機械の場合

 

 

(役所でレンタル出来るのは、

そういう音量だけ計れるものが多い様です‥‥‥

調べたら中野区も豊島区も音量だけを計る

シンプルなものでしたが、

信頼出来る「リオン社」製のものです)

 

室内で鳴らす「音の高さ自体」を、

一回毎切り替えて

6つの高さの音を順番に出して

その漏れてる「音量だけを」メーターで測定すればOKです。

 

その場合は、

 

 音の高さごとに音源動画を切り替えて

たとえばyoutube

https://www.youtube.com/watch?v=TKITEWX0qY0

↑これのように 500Hzの高さの音を出しっぱなしで

 

画面の操作で、「ループ」状態にすれば

延々同じ音が再生され続けます。

 

 

室外で測定

 次に低音の125Hzの音を鳴らして

https://www.youtube.com/watch?v=r0Bsn3yR6Xc

 

室外で漏れてる音量を測定とか言う風に

やっていけばシンプルな計測メーターでも

音量だけ計れれば大まかな目安にはなります。

 

できれば

125Hz.  250Hz.  500Hz.  1kHz.  2kHz . 4kHzの

6つの高さの音の漏れ方(デシベル

部屋の東西南北で調べてメモした後、

 

 

このページの(かなり下までスクロールします)

グラフの曲線に測定結果を当てはめます。

http://www.shimamura.co.jp/bouon/index.php?itemid=149374

 

JIS規格では低音ほど遮音性能が低くても良い事になっています。

(低音の遮音は難しいため)

先述した6つの高さの音が何デシベル漏れてるか

(室内で100デシベル出して、外に70デシベル漏れてたら

その差の30が「遮音できた性能です!」

 

 

(大きな音が出せないお部屋でも、

室内で60デシベルの音量で鳴らして外で40デシベル漏れてたら、、という風に、

音量「差」を測定することで可能になります)

 

これがJIS規格の考え方で

 

部屋の東西南北で6つの高さの音の遮音性能を計り

グラフに当てはめて

例えば500Hzの音は40デシベル遮音出来てたけど

125Hzが20デシベルしか遮音出来てなければ

「遮音等級」のD-40にはならずD-35に

落ちてしまいます。

 

 東西南北でそれぞれの高さの音の遮音性能の数字を計り

グラフに当てはめて、グラフの曲線より上回ってたら

OKですが下回ってたら(例えば6つの高さの音のうち

たった1つでもグラフより下回ってたら)

1ランク、遮音等級は落ちてしまいます。

 

もし

500Hzは40デシベル遮音出来てるのに

125HZが10デシベルしか遮音出来てなかったら

「遮音等級」は一気にD-30以下!

と言う事です。D-30(という等級)は125Hzの音を15デシベル遮音出来ないといけませんので。

 

 数十分で測定出来ますので、思ったより簡単ですよ!

 

是非試してみてください!

 

最近は、スマホのアプリにも騒音計はあるのですが

誤差が+−7デシベルほどあるそうですので、

まだ実用的ではない様です。

 

お金を全くかけない測定でも、可能な限り正確さを求めたいのでしたら、一週間レンタルしてる間に

何度も何度も測定し、平均の値をとればデータの精度は上がります。

 

満足いかなければ、すこし日数を置いて

更にもう一週間レンタル出来るかもしれないので、

何度も何度も測定してみるのも手です!

 

そのあと「やっぱりこの防音室の性能おかしい!」と

思っても、まだ計量証明事業者に依頼するほどの投資に

躊躇する様でしたら、

 

 更に高度な測定の出来る、騒音計を

レンタルしてくれる事業者もあります。

(数万円かかる場合もあります)

 先述したリオン社のものでも低音から高音まで

様々な周波数帯のデシベル数を一度に表示できるモデルも

ありますし、

 

アコースティックエンジニアリングが測定に使ってるという、JEICの1015を貸し出してる会社があるかもしれません?ので

探してみる?

 

 そういう、複数の高さ(周波数)の音を同時に測定出来る

メーターで計るなら、音源としては、低音から高音まで

あらゆる周波数帯を含んだ、測定用のピンクノイズの

CDを購入しても、値段は安いと思います。

 

またはパソコンがwindowsの方は

Wave Geneという無料でダウンロード出来るソフトで

様々な周波数の音を自在に発生させる事が出来るそうです。

OSのバージョンによって使えるものとそうでないものがあるそうなので調べてみてください。

 

MACの方は「Tone Generator」という

テスト信号生成ソフトがあるそうですが

http://www.nch.com.au/tonegen/jp/index.html

 Wave GeneTone Generator

私は使った事が無いので、自己責任で御願いいたします。

 

 

 体力は全然要らないので

    やってみる価値は、ありますよね?

 

 

 

 Let's  try!!!!

 

 

 

防音会社と契約するときのご提案?

ヤフー知恵袋を参考にしています。

「アコースティックエンジニアリング」の検索結果(Q&A) - Yahoo!知恵袋

 

防音業者選びと、契約のときの打ち合わせ、

(カウンセリング)

 

契約締結の時に、失敗しないような

方法が何かないでしょうかねぇ?と


ある消費者トラブルの解決のお仕事に携わってる方と

お話ししたときの事を少し書きますね。

 

 絶対!とは言えませんが、

少しでもお役に立てば幸いです。

 

まず、一番大事なのは、紙の契約書です。


仮契約の後、本契約になると思います。


本契約書が、コピー用紙1枚なんていうことは


まずありません。

 

重要な金額、支払い方法


肝心の遮音性能
(ここにはJIS規格のDまたはDrの70)とかいう風に

必ずJISという言葉を入れてもらいます。

 

そして防音室の東西南北全ての


性能を記入してもらいましょう。


ドア側、窓側は当然性能が落ちますのでその点は配慮して

差し上げて


その上で東西南北を記入してもらいます。


そして、あなたが気になってる事、例えば

「24時間演奏出来る」とか


そういう細かな事を「文字にして」契約書に書き込んでも

らいましょう。


「そう言う事は契約書には書かない」とか


「それが常識だ」みたいに言われたら、

 

その日にサインするのは保留にして


役所の住宅相談課や無料弁護士相談に行きましょう。


 万が一望んでない施工が行われた時に


一番重要になるのが紙の契約書です。


本契約締結の時、同じ契約書が「2部」用意されてるか確認しましょう。

 

(「後から渡します」とか言われたら、

その日にサインするのはやめましょう)


 本契約書は「約款」(万が一紛争が起きたときの解決

処理の方法なども記載されます)

がついた

かなり何枚もの長いものになりますので


会社の人が見てる前で、何分かで全て読んで

 

納得するのは不可能ですので、

 

「お待たせしてはいけない」などと慌ててサインしたり

 

しないでください!(ここが大事です!)

 

サインを急かす業者は「要注意です」

 

お預かりして、いったん業者さんに帰っていただき

 

じっくり内容を確認し、


もう一度役所の、住宅相談の課などに持って行って


このまま契約書にサインしても大丈夫か?

見てもらいましょう。(高額の買い物です!)

 

 

本契約の、その場で「本契約書の写し(コピー)」を

くれない業者は


法律違反の業者なので、契約してはいけません。


このように、重要な事は、「そんなこと当然」

 

と思う様な事も


いちいち文字にして書類に書いてもらうのが大事です。


契約書に記載が無いと、あとで

 

「そんな話しは聞いてない」


「だから当然追加料金が発生する」などと言われる事が

 

想定されます。


考えたく無いでしょうが、万が一の裁判の時


一番大事なのが契約書という紙の証拠です。


まずこれを踏まえた上で、更にそれを補完する方法を

このあとに考えてみました。


 
1.契約書に、次の内容を文章にして盛り込んでもらいます。


2.その内容とは‥‥

 

「この防音室(スタジオ)の契約締結について、

 

私(あなたの名前)と◯◯社(防音会社)の

〜〜(担当者の名前)が打ち合わせている様子を、

 

(カウンセリングの様子を)

動画で撮影し、その撮影時間内に、

◯◯社の〜〜さんは
依頼主であるわたしに、

契約締結行為に


あたっての必要な情報を「全て」

 

明確に説明してくださるものとします。

 

(カウンセリングのときです)

 

その動画の中に含まれていない事項については、

 

◯◯社がわたしに説明してくれなかった事といたします。

 

ですから、契約締結に必要な情報は

 

必ず全て動画撮影中に


明確に説明してくださるものとします。

 

    以上です。

 

 

ちょっと文章はこなれてないですが、こんな感じです。

 

 

大きなビルの建設なんかのときは、

 

こんな風に紙の契約書だけでなく、

 

事前の打ち合わせから撮影しておくそうです。

 

(あのときあなた、「お客さん」は

こう言ったじゃないですか.

だからこういう風に配慮して

こういう結果になったのです。

 

のように、お客だけでなく、業者側にも

 

役に立つ方法なのです)

 

 ですから、あなたも、撮影前に

 

(カウンセリングの前に)

 

聞いておきたい事、確認しておきたい事などを

 

しっかりノートに箇条書きにして

 

準備しておくのが大事ですよね!

 

せっかく録画するのですから。

 

 

 

まず、

1.大事なポイントは、常識だと思う様な事も

 

必ず「全て」紙の契約書に

 

文字にして盛り込んでもらう。

 

それ以外の、契約書に含まれない、細かな

 

カウンセリング時の説明などを録画するのです。

 

 

何故こんなことをご提案するかと言いますと、

 

****な防音会社は、

 

契約前のカウンセリングの時


大事な事を音楽家に説明してくれないことが多い

 

と言われていますので、

 

(契約をさっさと締結させるために


良い点だけを話して、

 

デメリット

 

(実際の防音性能は〜〜程度しか達成出来ない

 

とか、


夜間の演奏などは控えて欲しいなどなど)


大事な事、を事前に一切説明しないまま


契約を結ばされてしまう例が報告されています。

 

 

全額入金して施工が完成した後で

 

デメリットを告げられる場合もあるんです。

 

 

 そう言う場合、紛争解決にあたって


依頼者側には、

「そんな大事な事、事前に言ってくれなかったじゃない!

聞いてないです!そんな話し!」

 

という


怖い事態が想定され、万が一、

 

最悪裁判になった場合、業者側が


「事前に大事な情報を説明してくれなかった」

 

 

という事を、被害者側が証明する事が難しくなり

 

(大事な説明を「聞いていない」という証拠を示して

 

 立証して見せることが

 

被害者側にも求められる事があるのです)

 


結果として、泣き寝入りする事になりかねません。

 


 そう言う最悪な事態を回避するために、


確実な証拠として、

 

こういう動画を残しておくのはどうでしょう?

 

ということなんです。

 

 


 上記の内容を契約書に盛り込んでもらった上で


動画撮影すれば、業者側は、

 

「動画の撮影中以外の時間にきちんと説明した!」

とか

「いえそんな説明聞いていません!」という

 

不毛な争いをしなくて済むかも?という事です。

 

繰り返してごめんなさい。


まず第一に紙の契約書が大事な事は


書きましたよね?

 

でも、相手が紛らわしい説明や、


誤解しやすい様な説明をして


契約書にサインしてしまった場合


それは法律で、契約の取消が出来ます。

 

女性に解りやすい例で言えば、


ちょっと**なエステサロンの長期契約

 

(高額なチケット)を購入させるために、


社員が自分が会社からノルマを課せられてたりする時、

 

曖昧で誤解させる様な、調子のいい


説明をして、契約させてしまう場合があります。

 

そういうのは法的に無効なので、

たとえ契約書にサインしていたとしても、

 

あとで

 

契約は取り消せますし返金されます。

 

でも、その時に証拠が必要になる事が多いんです。

 

 

その「誰にも解りやすい様な、

 

誤解を与えない様な明確な説明をしていたかどうか」を


動画を撮影することで


証拠に残そう!というご提案です。


 この提案を嫌がる業者さんは


ちょっと、遠慮した方がいいかもしれません。

 

正々堂々、お客の事を考えて誠実な業務をしてる

 

業者さんなら、「お互いのために」


協力してくれるものと思います。

 

あなたは建設や防音業のプロではないので、


そういう「しろうと」にも理解しやすい説明を

 

する事が、防音業者の義務なんです。


訳の分からない専門用語を並べて、煙に巻いて


サインさせてしまった場合


この動画を証拠に、もしかしたら


契約を取り消せる可能性が高くなるかもしれません。

 

あと
「断るのが苦手なおとなしい人」を相手に


 強気でサインを迫った場合なども


証拠が残ります。という事です。


あくまで素人の提案なので


無料弁護士さんと相談してから


実行に移すかどうか決めてくださいね!

 

絶対に確実な方法であるという

 

お約束出来る訳ではないので


みなさんの自己責任において、


参考になるとお考えでしたら

 

どうぞこのアイデアを試してみてください!


 みなさんが、希望した通りの


音楽室、防音室で幸せになれます様に。

 

         Ciao!